三井金属鉱業とコナミの株価、株主に必要な投資額

東京都品川区に本社を置く三井金属鉱業株式会社は、非鉄金属を手掛ける大手企業です。自動車部品や電子材料などの製造がその主な事業となっています。ではここで、過去1年間の三井金属の株価の値動きに注目しましょう。2014年12月下旬、三井金属の株価はおよそ300円でした。年明け早々250円を下回るまでに下落し、春ごろまでは250円から300円の幅で推移しましたが、2015年5月中旬に急伸し、6月12日には年初来高値となる374円を記録しました。ところが、この日を境に株価は下落基調に転じ、9月29日には212円という年初来安値を付けるまでに下落します。株価は今なお軟調に推移しており、2015年12月25日現在の株価は217円です。なお、同社株の単元株数は1,000株ですから、20万円程度の投資で株主になることができます。
さて、次に注目するのは、エンターテインメントなどの分野で個人投資家にも認知度の高い企業です。東京都港区に本社を置くコナミホールディングス株式会社は、ゲームソフト開発やアミューズメント機器を手掛けるほか、スポーツクラブの運営などにも参画しています。コナミの株価についても過去1年を振り返ると、次の通りです。2014年12月末ごろ2,300円ほどであったコナミの株価は、年明け間もない2015年1月16日に1,900円という年初来安値を付けました。その後すぐにいくらか値を戻した株価は、夏ごろまでのおよそ半年間、2,300円前後でほぼ横ばいに推移します。その後、2015年7月を迎えるころから緩やかな上昇傾向に入り、11月半ばを過ぎると3,000円越えも達成しました。12月18日には年初来高値である3,150円を記録します。2015年12月25日現在のコナミの株価は2,776円です。なお、コナミ株の単元株数は100株です。30万円ほどの投資額でコナミの株主になることができます。