ハニーズと富士フィルムに関する投資情報

福島県いわき市に本社を置くアパレル会社に、株式会社ハニーズという企業があります。主に若者向け婦人服の企画や製造を行うとともに、郊外の大規模小売店などにテナント出店し、販売も手掛けています。ハニーズの株式は東京証券取引所第1部で取引されています。ではここで、ハニーズの最近1年間の株価推移に注目しましょう。2014年末ごろ950円だったハニーズの株価は、年明けとほぼ同時に上昇しはじめ、2015年3月27日には1,096円という年初来高値を付けます。その後、夏ごろまでは950円から1,000円の幅で推移しますが、8月半ば過ぎに急落し、8月25日に年初来安値878円を記録しました。ほどなくして1,000円台を回復した株価は、年の終盤までこの水準を維持しており、2015年12月28日現在、1,012円です。なお、ハニーズでは同社株を10株以上保有する投資家に対して株主優待を実施しています。10株以上の株主には500円分、50株以上で1,000円分、100株以上で3,000円分、1,000株以上で6,000円分の自社商品引換券が進呈されます。
さて、次に注目するのは、デジタルカメラや医療機器を手掛ける企業、富士フィルムホールディングスです。同社も東証1部に株式を上場しています。2014年末ごろに約3,700円だった富士フィルムの株価は、翌年の夏ごろまで順調に上昇してゆき、2015年8月17日に年初来高値5,293円を付けます。その後も株価は高い水準で推移しており、2015年12月28日現在の株価は4,891円です。なお、富士フィルムも株主優待を実施しています。100株以上を1年以上保有する投資家には、フォトブック作成用クーポン券1,000円分が進呈されます。また、500株以上を3年以上保有する投資家へは、前述のクーポン券4,000円分に加え、グループ企業のヘルスケア商品が進呈されます。